メニュー

認定こども園茂木愛泉幼稚園は、質の高い子育て支援を行います。

教育目標

基本方針「太陽の子になろう」

基本方針「太陽の子になろう」

1.教育目標

「あかるく」
「あかるく」 明るく生活するのには、健康な体を作ることが第一、健全な体に健全な心が生まれます。 園では遊具と環境を整備し、明るく元気で、意欲を持って遊べる子どもを目標としています。
「かんしゃ」
「かんしゃ」 平和な社会は感謝の心と感謝の言葉によって生まれ維持されます。幼児期に感謝の心を芽生えさせるのは最も大切なこと。両親に対して、「ありがとう」と言える子どもに育つように努めます。
「すなお」
「すなお」 子どもは本来素直で、物心がつくに従って様々な影響を受けて自我が確立されます。幼児期にできるだけ素直な性格にすることが大切です。自主性も創造性も、そこから育ってきます。

2. 教育方針

集中力の開発

集中力の開発
集中力がつくことによって能力の成長が予測されます。物事に集中し、自ら楽しんで取り組める子を育てます。

忍耐力の養成

忍耐力の養成
社会で生活していくためにはあらゆる場面でがまんが大切になります。相手の気持ちをくみながら自己主張できるように育てます。

独立心の確立

独立心の確立
社会で生活していくためにはあらゆる場面でがまんが大切になります。相手の気持ちをくみながら自己主張できるように育てます。

協調性の育成

協調性の育成
生活の中で社会や集団のきまりを身につけ、よきライバルや仲間と出会います。どんなことにも意欲をもって取り組む子を育てます。

体力の養成

体力の養成
明るい生活を維持するために、「太陽の子になろう」のスローガンのもとに、たくましい体づくりに力を入れて育てていきます。

創造性の開発

創造性の開発
子どもの豊かな感受性が、人間的で深いものであることを願うと同時に、のびのびと自分の考えが表現できるように育てます。

情操の育成

情操の育成
美しいものを素直に美しいと感じ、よい音楽や演奏を楽しみ、動物を愛し、素直に感動や感激する、うるおいある心をもつ子になることを願って、全力を尽くしていきます。

職員の信条

3.各学年の目標

0歳児 ・ひとりひとりの子どもの生活リズムが安定し、心地良く過ごす。
・聞く、見る、触るなどの感覚の働きが豊かになる。
1歳児 ・身の回りの物へ興味や関心をもち、様々な動きを楽しむ。
・援助されながら、何でも自分でやってみようとする。
2歳児 ・好きな遊びを十分に楽しむ。
・自分の思いを表し、身の回りのことを自分でしようとする。
3歳児(年少) ・生活の流れや習慣がわかり、身の回りのことを自分でする。
・みんなと一緒ということに気付き、友達と仲良く遊ぶ。
4歳児(年中) ・友達の中でいろいろな遊びの楽しさを体験していく。
・自分の得意なものをみつける。
・活動を通していろいろな「きまり」に気付き、身につけていく。
5歳児(年長) ・友だちと協調しながら目的に向かって活動に取り組む。
・課題に対して、興味を持って意欲的に取り組む。
・小学校生活への期待を膨らませる。

子育て支援

子育てをがんばるお母さん、楽しむお母さんのお手伝い、応援をしています。

職員紹介

子どもたちの個性が伸びるよう一人ひとりを尊重し、支え、見守っています。

最近の様子

園で様々な経験を重ね、育ち合っていく姿をできる範囲でお伝えしていきます。

ギャラリー(保護者限定)

園生活の様子がわかる個人写真が購入できます。

Copyright (c) 2015 MOTEGI AISEN KINDERGARTEN. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る